Studying in Cool Japan 来〜るジャパン!海外から日本へ格安留学するなら!


スポンサードリンク


スポンサー リンク


 暑さも和らぎ、穏やかな気候が始まる『秋』
 木々は葉を落とし始め、冬へ向かう準備が始まり、街の彩りも変わってきます。日中は暑い日もありますが、
朝晩は肌寒く感じることが多く、夏の蝉に変わり、トンボが姿を現し始めます。
 一般的には9・10・11月の3ヶ月のことをいいますが、天文学上は秋分から冬至までを指します。秋は、しばし
ば台風にも襲われ、秋雨(あきさめ ※8月から10月頃にかけ長い期間降る雨)が続くこともありますが、秋の晴
れた空は「天高く馬肥ゆる秋」(空が澄み渡って晴れ、馬が食欲を増し、肥えて逞しくなる秋という意味)とも
言われ、実りの秋を象徴しています。

日本の秋の楽しみ - 味覚狩り・紅葉狩り・稲刈り -

 日本の秋と言えば、『味覚狩り』。
日本各地において、8月下旬からは「ぶどう」や「なし」が、9月上旬からは「りんご」「栗」「さつまいも」そし
て「まつたけ」が、10月以降は「柿」「みかん」などの味覚狩りが楽しめます。各地の名産物を楽しむことができ
る味覚狩りですが、そのシステムも「お弁当持ち込みOK」や「食べ放題あり」など、様々になっています。ぜひ一
度お試しください。
  秋の味覚狩りスポット
 また、春のお花見に対し、秋は『紅葉狩り』の季節でもあります。同じ『○○狩り』でも、果物などが収穫でき
る味覚狩りとは違い、紅葉の季節に紅葉を見物する行楽です。色づいた木々を眺めると同時に、落葉となった葉っ
ぱ達も、秋を感じられる風情のひとつです。
 そして、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」(稲は実が熟すほど穂が垂れ下がる。人も学問や徳が深まるにつれけ
んきょになるものだという意味。)ということわざがある日本人の主食『お米』。お米の収穫時期も、秋です。ふ
だんは農作業に縁がない人も、秋には「稲刈り体験」が出来ます。豊かに実り、神々しく輝く稲の収穫体験も、日
本の秋を楽しむオススメのひとつです。

秋の『衣』食住

 暑い時期も終わり、涼しく感じる『秋』。過ごしやすくなるとともに、『台風』もやってきます。アメリカ合衆
国では、台風にA.B.C...の順番で、男女の名前がつけられていることは有名です。一方、日本の台風は、その年に発
生した順に「台風番号」がつけられ、それぞれの台風は「台風13号」のように、台風番号で呼ばれます。しかし、
昨年以前に起こった台風と区別するため、気象庁の表記では「台風9013」(1990年に発生した13番目の台風とい
う意味)のように表記されています。
 日本の台風の時期は、むしむしとしており湿気も多いですが、上に羽織るものを持つなどして体温調整をする
と、快適に過ごせます。そして台風が過ぎ去ると、本格的に秋の気候になり、長袖やニット・ジャケットなど、冬
に備えた服装が必要になってきます。

秋の衣『食』住

 秋の食べ物といえば、『松茸』『栗』『さつまいも』などがあります。この時期
は、「栗」や「さつまいも」を材料としたデザートやお菓子が多く販売され、日本女
性の心を魅了します。また採ることが難しい松茸は、松茸ご飯やお吸い物・火にあぶ
って食べるなど、日本の秋の高級食材として親しまれています。

秋の衣食『住』

 夏の暑さも収まり、涼しさを感じ始める秋。しかし、日によっては、夏のように暑く、冬のように寒い…と、気
温の差が激しいのも特徴です。家を見てみると、夏に使っていた扇風機と、冬に使い始めるコタツなどが、一緒に
出されていること等もあります。気候が穏やかな反面、気候を見極めるのが難しい季節ともいえます。
八月十五夜 ≪8月15日≫  中秋の名月(ちゅうしゅうのめいげつ)とも呼ばれる月見のひとつ
で、月見は観月(かんげつ)とも言われ、主に満月の月を眺めて楽しむ
風習のことです。
 「中秋の名月」とは、「秋の真ん中に出る満月」という意味をもち、
これから始まる秋の収穫を感謝する初穂祭としての役割も担っていま
す。
九月十三夜 ≪9月13日≫  十三夜とも呼ばれる月見のひとつ。ちょうど旬にあたる大豆や栗など
を供えることから、豆名月(まめめいげつ)や栗名月(くりめいげつ)
とも呼ばれます。
十月十夜 ≪10月10日≫  三の月とも呼ばれる月見のひとつ。8月の十五夜に始まったその年の
収穫も、この夜に見る月で終わりを迎えるとも言われています。