Studying in Cool Japan 来〜るジャパン!海外から日本へ格安留学するなら!


スポンサードリンク



スポンサー リンク


 

 日本が、世界に誇る伝統文化のひとつ『日本酒』。
その名の通り、日本特有の製法で醸造されたお酒です。最近では、日本国内のみならず、海外でも人気がある『日
本酒』。その魅力について、みてみましょう。

日本酒って?

 日本酒とは、米を発酵させて造られた醸造酒※のことです。「清酒(せいしゅ)」とも呼ばれ、日本の伝統的な
お酒のひとつです。
※醸造酒(じょうぞうしゅ):原料を酵母によってアルコール発酵させて造られたお酒。

日本酒の造り方

 日本酒は、基本的に「米」と「水」から造られています。
 その造り方を大まかにいうと、米の主成分であるデンプンを、麹(こうじ)によって糖に変え、それをさらにア
ルコールに変えることによって、「日本酒」が完成します。さらに、何種もある「米」「水」「麹」「酵母」の組
み合わによって、いろんな日本酒を造ることができます。
 あなた好みの日本酒も、きっと見つかるはずです。 

日本酒の種類

 たくさんの種類がある日本酒。自分好みの日本酒を見つけるのは、少し大変かもしれません。そこで、日本酒が
持つそれぞれの特徴から、あなたに合う日本酒を探してみましょう。いくつかの種類をご紹介します。
純米酒
精米歩号70%以下の白米・米麹・水が原料。
米のうまみを生かしたお酒
本醸造酒
精米歩号70%以下の白米・米麹・醸造アルコールが原料。
醸造アルコールを加えることで、すっきりとした味わいが感じられるのが特徴。
吟醸酒
精米歩号60%以下の白米が原料。
低音で発酵させることで吟醸造りとなり、フルーティーな香りが特徴。
大吟醸酒
吟醸酒のうち、精米歩号50%以下の白米で造られたもの。
吟醸香が高く、繊細な味わいが特徴であり、日本酒の芸術品とも言われている。
生酒
製成後、加熱処理をしておらず、酵母や酵素が生きているため、華やかな香りと新鮮な味が特徴。
普通酒
白米・米麹・醸造アルコールが原料の、日本酒の中では一番多く飲まれているもの。