Studying in Cool Japan 来〜るジャパン!海外から日本へ格安留学するなら!


スポンサードリンク



スポンサー リンク


 
 日本の国技・伝統文化である相撲。日本の文化に深く根ざし、人々の生活とともに発展してきました。現在で
は、日本人のみならず、外国人力士もたくさん活躍しています。
 1500年以上続く相撲の起源や、楽しみ方を調べてみましょう。

起源

 相撲は、人間の闘争本能の力くらべや取っ組み合いから発生したスポーツです。また、その年の農作物の収穫を
占う祭りの儀式として、毎年行われ、後に宮廷の行事となり300年続くこととなりました。
 鎌倉時代から戦国時代にかけての武士の時代においては、武士の戦闘の訓練として盛んに相撲が行われました。
戦国武将の織田信長は、相撲を深く敬愛し、近江の安土城などで各地から力士を集め、上覧相撲を開催し、勝ち抜
いたものを家臣として召し抱えました。
 江戸時代にはいると、力自慢の者のなかから、相撲を職業とする者が現れ、全国で勧進相撲が行われ、江戸時代
中期には、定期的に興行されるようになりました。
 やがて、『谷風・小野川・雷電』の三大強豪力士が出現し、相撲の人気は急速に高まり、今日の大相撲の基盤が
確立されていきました。また歌舞伎と並び、一般庶民の娯楽として大きな役割を果たすようにもなりました。
 大相撲は、1500年もの長い歴史のなかで、日本の国技となり、固有の伝統文化となりました。洗練されながら
も、土俵入り、番付表、髷、化粧廻し、相撲のとりくみなどは、江戸時代変わらぬ姿を保ち続ける大相撲。ぜひと
も、生で見てましょう。 次は、大相撲を楽しむポイントをご紹介!  

大相撲番付と力士の呼び名

力士は、番付の位置によって、服装や給与などが様々に変化します。
○横綱:
大相撲の力士の格付けにおける最高位の称号。横綱になる力士はその地位にふさわしい品格と抜群の力量が必要。
○幕内:
大相撲番付における階級のひとつで、2004年1月場所以降、定員42名と定められ、番付において、上から『横綱・大関・関脇・小結・前頭』を指す。
○三役:
階級のひとつで、一般に幕内の中でも『大関・関脇・小結』を指す。
○関取:
階級のひとつで、幕内と十両の力士を指す。
○十両:
十両:幕内の下・幕下の上にあたり、十両になり初めて、力士は一人前の力士として認められる。正式名称は「十枚目(じゅうまいめ)」
○幕下:
関取として一人前に扱われる十両と違い、力士養成員扱いとなり、待遇にも差が生じる。

決まり手

 相撲48手と言われますが、実際に48手あるというわけではなく、江戸時代には数え切れないほどの技があったそ
うです。その後、歴史を重ね、現在の決まり手数は82手です。
≪寄り切り≫
もっとも見かける
決まり手の一つ。
≪はたき込み≫
突き押しの攻防のなか、
体を開き、相手の肩や
背中をはたいて倒す技。


大相撲をさらに楽しむポイント!

【 本場所 】
財団法人日本相撲協会によって定期的に行われる大相撲の興行のことである。
【 土俵まつり 】
本場所初日の前日に土俵を清め、場所の無事と力士の安全を祈る儀式。土俵はこの儀
式によって、神聖なものになります。
【 力士の所作 】
力水(ちからみず)
身を清める意味の力水。前の取り組みで勝った力士から水を受け取り、口をすすぎま
す。負けた力士は退場するので、その場合は次に取り組む控えの力士が代わりに行い
ます。
清めの塩
地の邪気(悪い気)を払い、土俵を清める意味から、土俵には「清めの塩」をまきます。さらに、塩には殺菌効果があり、とりくみ中のすり傷や切り傷の化膿止めにもなります。この塩は、一場所で約六百キロ使われます。
横綱土俵入り
化粧廻しの上に綱を締めた横綱が、行司の先導で、露払い・太刀持ちをしたがえて土俵に上がり、土俵入りを行います。
土俵入りの型には、『雲流型』と『不知火型』の二種類があります。
弓取り式
勝った力士に弓を与えたところ、力士が弓を持って舞ったのが始まりといわれ、現在では、幕下力士の中から選ばれた力士が毎日行っています。
【 着物と地位 】
力士は、外出の際には全員着物を着ています。しかしこの着物は、力士の地位によって着るものが決められており、序の口は浴衣のような簡素な着物を、十両からは正装である紋付羽織袴の着用が許されます。
【 行司 】
取組の進行役、勝敗を裁く判定役が行司の仕事です。
立行司は、最高位の行司のことで、上位の木村庄之助とそれに続く式守伊之助がいます。この二人は短刀を脇に差しており、間違った判定(差し違え)をしたら切腹をする覚悟があることを表しています。行事は、それだけ重大な役目を担っています。
【 番付 】
番付表は、いわば力士の実力別ランキングです。最上段の右が東幕内、左が西幕内となり、他に、力士の地位や出身地、行司の名前など、その場h祖に関する様々な情報が書かれてあります。
また、この番付表を書くのも行司の仕事のひとつであり、独特な漢字は「根岸流」と呼び、この書体を習得するため、日頃から稽古に勤しんでいます。
【 ちゃんこ 】
相撲界でいう「ちゃんこ」とは、力士が作る料理全般のことです。力士が作ったものであれば、カレーやパスタなども「ちゃんこ」となります。
しかし、力士の体を作る源は、やはり『ちゃんこ鍋』です。明治時代の横綱・常陸山が活躍していた頃に、大人数でも材料費が安く、栄養価が高い食事として取り入れたのが「ちゃんこ鍋」の始まりです。現在も、力士にとっては理想的な食事として、各部屋で作られています。